×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中国株カテゴリー

160x600のアドセンス領域。

株価2倍で半分売る

■セオリー4 株価が二倍で半分売るその理由

 前述で、人が株を買いたくなるのは株価が高騰しているときだと書きました。実際、その時期、人は不思議と強気になってしまうのです。

 とりわけ、すでに株を持っている人が高騰に出くわすと、みんな強気になります(バブル期の日本を考えてみると分かりやすいでしょう)。少しくらい損をしてもかなり儲けているから大丈夫と思って、つい株を買ってしまいます。

 高騰している時期は、買った株が1日に10%ぐらいあがるのも当たり前になっているため、つい早く買わないと乗り遅れてしまうとあせってしまうのです。

 そういう時は新聞記事や証券会社の人の意見も強気一辺倒になっていて、読んだり聴いたりすると、あせりに拍車がかかります。「前にもっと買っておけばよかったが、今となっては仕方がない。中国株を人よりも早始めたのだから、ここで買って儲けないと意味がないく」などと思って買ってしまうわけです。

 しかし、暴騰は短い間で終わってしまううえに、暴騰の後には暴落が待っています。暴騰は突然終わり、じりじり下げてはじめます。この時点ではまだ含み益もまだあるので、みんな強気のままでまだとても売る気はしません。

 ところが、いつまでもあがらない場合、ある日突然ドーンと下がります。そして、それは数日間10%の下げを重ね続け、暴騰した分をあっという間に帳消しにしてしまいます。

 暴騰の最中で買っても、この時点で買値よりも高く売れればいいのですが、過去の高値のイメージが染み付いているためにやっかいです。また、この先ここまで戻ったらその時に売ろうなどとも考えてしまいがちですが、そこまで戻らず、結局は下げてしまい売るに売れず、底値まで持つ事になります。

 逆に暴騰の時は、買わずに売るのが正解です。しかし、過去の開発途上の国の歴史を見る限り、ある時期で暴騰に次ぐ暴騰という時期を迎えて高値になる時が来ます。そこまで株を持ち続けるのが中国株の醍醐味であることは、これまでにも説明してきたとおりです。

 一番良い方法は、株価が2倍になったところを目安に、半分売るのです。そうすると、現在持っている株はタダで手に入れたことになります。これなら逆に暴落が来ても気にならなくなるからです。

 それが半分を2倍の株価で売る手法です。


TOPへ

一休.comレストラン

関連リンク

【株式・投資・資産運用リンク集】
中国株式にご興味のある方は是非とも参考にしてくださいませ。
株式運用は言い換えれば情報戦ですので、より多くの正しい知識、
新鮮な知識を吸収されるお役立ちになる事を願っております。

中国株式市場センター
中国株情報の定番サイトです。
http://www.risingbull.co.jp/
グローバルリンクアドバイザーズ
中国株関連の書籍やセミナーを紹介してます。
http://www.gladv.co.jp/
中国情報局
ポータルサイト。
http://stock.searchina.ne.jp/
中国情報局ファイナンス
中国ファイナンスニュース。
http://stock.searchina.ne.jp/
TRANSLINK
中国株総合情報サイト。
http://www.translink.co.jp/
初めての中国株式
簡潔で豊富な情報まとめサイト。
http://gen.hacil.net/005/index.html

【以下個人サイトリンク集】
当サイトは個人投資家の地位向上・躍進を目的としております。
中国株式、国内株式に関わらず投資のウェブサイトをお持ちの方は
ご一報くだされば幸いです。

株ときどきFX
FX(外貨為替)の情報サイト。
http://ichi.voxx.jp/
ひろ☆ネコの株初心者お役立ち情報宝箱♪
株式投資初心者お役立ち情報ツール紹介。
http://kaboohironeko.sonnabakana.com/
株のエルサレム
短期売買がテーマの基礎情報サイト。
http://kabooholdings.web.fc2.com/index.html
成功物語
バリュー投資で賢明なる投資家へ
http://stgre.com/

←TOPに戻る | ↑このページの一番上へ | →セオリー5へ

中国・香港指数








160x600のアドセンス領域。