×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中国株カテゴリー

160x600のアドセンス領域。

中国株投資入門情報

マーケット情報


無料資料請求ページ作成しました。

■2006/6/23【香港】23日大引け(速報):ハンセン指数は0.11%安
23日の香港市場は、主要指標のハンセン指数が前日比17.89ポイント(0.11%)安の15808.81ポイントで引けた。H株指数は20.91ポイント(0.33%)高の6267.92ポイント。

■2006/6/23【中国】★大引け:主要4指数が上昇、上海総合は1600台回復
 23日の中国株式市場は主要4指数が上昇。上海B株指数は前日比1.47%高の89.33ポイント、深センB株指数は0.65%高の280.61ポイントで取引を終えた。上海A株指数は0.59%高の1688.01ポイント、深センA株指数は1.00%高の432.76ポイント。

 上海市場では主要指数の上海総合指数が反発。前日比0.60%高の1605.71ポイントで引けた。朝方は売りが先行したものの、徐々に押し目買いが優勢となる展開。後場に入るとやや伸び悩んだが、最終的には心理的節目の1600ポイントを回復してこの日の取引を終えた。ハイテク銘柄が上昇し相場を下支えしたほか、農業、天津地場銘柄などに買いが集中。その一方で、非鉄金属、石炭銘柄が売りを浴びた。

 両市場の売買代金は326億9600万元。上海市場の値上がり銘柄数は621、値下がりは192、深セン市場の値上がり銘柄数は468、値下がりは165だった。

 A株市場では主力株がまちまち。シノペック(600028)が0.17%安で引けた半面、チャイナ・ユニコム(600050)は0.84%高となった。一方、中国軟件(600536)、深セン長城開発科技(000021)などハイテク銘柄の一角が急伸。このほか、きょう上海市場に上場した大同煤業(601001)は公開価格の6.76元を63.31%上回る11.04元で初日の取引を終えた。

 上海B株市場はほぼ全面高の展開。値下がりがST大盈現代農業(900921)、上海振華港口機械(900947)の2銘柄にとどまった。黄山旅游発展(900942)が6.17%続伸し値上がり率トップとなったほか、上海広電電子(900901)、上海機電(900925)などが高い。

 深センB株市場では、深セン一致薬業(200028)、方大集団(200055)が5%台の大幅高。06年中間決算で大幅増益となる見通しを発表した万科企業(200002)も0.98%値を上げた。一方、深セン市物業発展(200011)が1.57%安で値下がり率トップとなった。

■2006/6/23【中国】23日大引け(速報):上海B指数は1.47%高
23日の中国B株市場は、上海B株指数が前日比1.30ポイント(1.47%)高の89.33ポイントで引けた。深センB株指数は1.82ポイント(0.65%)高の280.61ポイント。

2006/6/23【香港】■★前引け:利益確定の売りで反落  23日午前の香港株式市場は反落。
主要指標のハンセン指数は前日比0.56%安の15737.39ポイントで取引を終了した。H株指数は0.40%安の6222.05ポイント。半日の売買代金は102億5000万HKドル。

 香港市場は、前日のNY市場でダウ、ナスダックが反落した流れを引き継いだほか、本日午前の東京市場で日経平均株価が急反落したのを受け、ハンセン、H株ともに売り先行で始まった。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見ムードが広がったほか、昨日の大幅な上昇に対する反動から利益確定の売りが入り、その後も軟調な展開にとどまった。

 個別では、TVB(0511)が4.10%高と急伸。PCCW(0008)の李沢楷・会長が同社の株式取得に関心を示しているとの報道が材料視されたもよう。一方、PCCWは1.74%安と反落。通信・メディア資産の売却に絡みさまざまな憶測が飛び交っているが、同社は23日、特別配当の実施や私有化の可能性などに関する地元メディアの報道を否定する内容の公告を発表している。

 不動産株は総じて軟調。サンフンカイ・プロパティーズ(0016)が0.07%高となったほかは、ハンルン・プロパティーズ(0101)が0.36%、長江実業(0001)が0.55%、ニューワールド・デベロプメント(0017)が0.86%、ヘンダーソンランド・デベロプメント(0012)が1.03%、信和置業(0083)が1.32%、それぞれ値を下げた。

 H株では、NY金相場の下落を受け金銘柄が軟調。霊宝黄金(3330)が3.42%安、紫金鉱業集団(2899)が2.26%安、江西銅行(0358)が0.79%安となった。その他素材銘柄では中国アルミ(2600)が0.93%高、中国神華能源(1088)が0.78%高となっている。石油銘柄は、中海油田服務(2883)が3.57%安、シノペック(0386)が1.20%安、ペトロチャイナ(0857)が変わらずで午前の取引を終了した。

■2006/06/16 【香港】★大引け:3日続伸、ほぼ全面高で15800台回復  
 16日の香港株式市場は3日続伸。主要指標のハンセン指数は前日比2.64%高の15842.65ポイントで取引を終了した。H株指数は5.04%高の6340.96ポイント。売買代金は329億9000万HKドル。

 香港市場は、15日のNY株式市場が大きく上昇した流れを引き継いだほか、本日の東京市場で日経平均が3日続伸したことを受け、ハンセン、H株ともにほぼ全面高の展開となった。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が15日、インフレ圧力の一服を示唆したことでインフレ懸念が緩和され、幅広い銘柄が買われた。ハンセン指数は7日ぶりに15800ポイント台を回復。H株指数も6日ぶりに6300ポイント台に乗せて引けている。

 個別では、招商局国際(0144)、コスコ・パシフィック(1199)が大幅高となった半面、ホンコン・エレクトリック(0006)が逆行安となった。このほか、CNOOC(0883)が6.31%の大幅高。親会社の中国海洋石油総公司がハチソン・ワンポア(0013)傘下のハスキーエナジーと共同開発する南シナ海の「29/26鉱区」で、同海域初の深海ガス田が発見されたとの発表が材料視された。

 不動産銘柄は軒並み大幅高。ハンルン・プロパティーズ(0101)が6.04%高となったほか、信和置業(0083)が5.99%高、ニューワールド・デベロプメント(0017)が4.50%高。銀行銘柄も、HSBC(0005)、ハンセン銀行(0011)、東亜銀行(0023)、中銀香港(2388)がそろって値を上げている。

 H株では、金銘柄の霊宝黄金(3330)が7.58%高、紫金鉱業集団(2899)が8.21%高と急伸。その他素材銘柄も、江西銅業(0358)が8.40%高、中国アルミ(2600)が6.80%高となった。石油銘柄は、原油相場の上昇を受けてシノペック(0386)が5.70%、ペトロチャイナ(0857)が4.76%値上がりした。

■2006/06/16 【中国】★大引け:主要4指数が続伸、上海総合は高値引け  

 16日の中国株式市場は主要4指数が続伸。上海B株指数は前日比2.72%高の89.42ポイント、深センB株指数は2.42%高の282.65ポイントで取引を終えた。上海A株指数は2.64%高の1654.77ポイント、深センA株指数は2.44%高の423.41ポイント。

 上海市場では主要指数の上海総合指数が続伸。前日比2.64%高の1574.47ポイントと高値圏で取引を終え、ほぼ全面高で引けた。きのうの流れを引き継ぎ買い先行でスタート。その後もシノペック(600028)や銀行株など主力株中心に買いが集まり、じりじりと上値を切り上げる展開となった。銀行、鉄鋼、不動産、非鉄金属、農業、航空銘柄など幅広い銘柄が買われた。

 両市場の売買代金は309億2100万元。上海市場の値上がり銘柄数は776、値下がりは53、深セン市場の値上がり銘柄数は635、値下がりは36だった。

 A株市場では主力株のシノペックが5.59%の大幅高となり相場の上昇をけん引した。このほか、業界再編に対する期待感から鉄鋼銘柄が軒並み高。宝山鋼鉄(600019)、アンガン・ニュースチール(000898)などが高い。上海航空(600591)、東方航空(600115)など航空銘柄の一角も後場に入って持ち直したほか、人民元の先高感から不動産銘柄の一角が物色された。

 上海B株市場はほぼ全面高の展開。ST大盈現代農業(900921)が唯一の値下がり銘柄となった。上海振華港口機械(900947)が8.18%急伸し値上がり率トップとなったほか、上海友誼集団(900923)が7.38%高。海南航空(900945)も5.03%値上がりした。

 深センB株市場でも、値下がりは*ST深セン中華自行車(200017)のみ。深セン市物業発展(200011)、深セン市特力(200025)がストップ高をつけたほか、中国南玻集団(200012)、常柴(200570)などが買い込まれた。

■2006/06/16 【香港】★16日大引け(速報):ハンセン指数は2.64%高
 16日の香港市場は、主要指標のハンセン指数が前日比407.57ポイント(2.64%)高の15842.65ポイントで引けた。H株指数は304.47ポイント(5.04%)高の6340.96ポイント。

■2006/06/16 【中国】★16日大引け(速報):上海B指数は2.72%高

 16日の中国B株市場は、上海B株指数が前日比2.37ポイント(2.72%)高の89.42ポイントで引けた。深センB株指数は6.68ポイント(2.42%)高の282.65ポイント。      

■2006/06/13 【中国】★大引け:主要3指数が上昇、上海総合は反落

 13日の中国株式市場は主要3指数が上昇。上海B株指数は前日比1.01%高の86.22ポイント、深センB株指数は0.12%高の276.83ポイントで取引を終えた。上海A株指数は0.29%安の1627.85ポイント、深センA株指数は0.33%高の416.50ポイント。

 上海市場では主要指数の上海総合指数が反落。前日比0.28%安の1548.50ポイントで引けた。企業年金基金が初の株式運用を開始したとの報道を受け、朝方は需要改善期待感から買いが先行し、ほぼプラス圏で推移。後場に入ると中国銀行の上場やIPO(新規株式公開)の認可ペースの加速に対する警戒感、加えてアジア市場の急落などから売りが広がり、結局、前日終値を割り込んで取引を終えた。非鉄金属、IT、ソフトウエア、酒造、小売銘柄などが買われ、石油、不動産、鉄鋼などの主力銘柄が売られた。

 両市場の売買代金は301億7000万元。上海市場の値上がり銘柄数は502、値下がりは310、深セン市場の値上がり銘柄数は398、値下がりは245だった。

 A株市場では主力株が軟調。シノペック(600028)が3.88%続落。宝山鋼鉄(600019)が1.18%安、長江電力(600900)が0.75%安。銀行銘柄も売られた。一方、雲南アルミ(000807)が9.87%急反発するなど非鉄金属の一角が買い込まれた。

 上海B株市場では、このところ大きく値を下げていた上海振華港口機械(900947)が5.72%急伸して値上がり率トップ。上海二紡機(900902)、内蒙古イータイ石炭(900948)なども高い。一方、値下がり率トップは、上海錦江国際ホテル(900934)の2.55%安。このほか、海南航空(900945)、上海開開実業(900943)も小幅安で引けた。

 深センB株市場では、きょう、訴えられていた訴訟事件で原告側が訴訟を撤回し、差し押さえ資産の凍結が解除されたと発表した*ST海南珠江控股(200505)がストップ高を付けた。このほか、深セン市国際企業(200056)、承徳帝賢針紡(200160)も高い。一方、中国南玻集団(200012)、万科企業(200002)などの大型株が売られた。

■2006/06/13 【香港】香港市場:13日の主な予定
【米国】卸売物価指数(5月)
【米国】小売売上高(5月)
【米国】企業在庫(4月)
【香港】雇用予測(7−9月)

■2006/06/12 【香港】★大引け:小反落、手掛かり難で戻り鈍い

12日の香港株式市場は小反落。主要指標のハンセン指数は前営業日比0.05%安の15621.44ポイントで取引を終了した。H株指数は0.60%安の6218.34ポイント。売買代金は232億8200万HKドル。

 香港市場は、前週末のNY株式市場が下落した流れを引き継ぎ、ハンセン、H株ともにマイナス圏でのスタート。その後、東京市場で日経平均が反発したことでやや持ち直したものの、新規の手掛かり材料に乏しく、結局、ハンセン指数は小反落、H株指数は4日続落で引けた。バーナンキFRB議長の講演を控えて様子見ムードが強かったことに加え、サッカーW杯ドイツ大会の開幕で商いも低調な水準にとどまった。

 個別では、キャセイ・パシフィック(0293)が0.72%高と続伸。ドラゴン航空の完全子会社化の発表が引き続き材料視された。また、一連の再編にからみ、スワイヤ・パシフィック(0019)、中国国際航空(0753)もそれぞれ5.02%、0.83%値を上げた。このほか、本土系通信銘柄も高く、チャイナ・ネットコム(0906)が1.20%、チャイナ・ユニコム(0762)が0.74%、チャイナ・モバイル(0941)が0.73%値上がりしている。

 不動産銘柄はまちまち。信和置業(0083)が1.37%高、ハンルン・プロパティーズ(0101)が0.75%高となった半面、ニューワールド・デベロプメント(0017)が2.23%安、長江実業(0001)が1.03%安。

 H株では、東風汽車集団(0489)が2.27%高い。UOBケイヒャン証券が、このほど同社のカバレッジを開始し、投資判断を「買い」、目標株価を4.3HKドルに設定したことが材料視されたもよう。また、素材の一角が堅調で、江西銅業(0358)が4.20%高となったほか、安徽コンチセメント(0914)が1.59%高。石油銘柄は、シノペック(0386)が1.89%値下がり。ペトロチャイナ(0857)が変わらずで引けた。

投資用PCはYahoo!オークションで格安購入

■2006/06/12 【香港】相場見通し上値の重い相場を予想
12日の香港相場見通し:先週末9日の香港市場は、外部環境の悪化を受けて前日まで3日続落していたこともあり、自律反発狙いの買いが入った。東京市場で日経平均が急反発したことを受け、後場に入ると主力株を中心に買い戻す動きが見られ、ハンセン指数は15600ポイント台を回復。一方のH株指数は、マイナス圏での軟調な展開。前日のNY原油や金相場の下落を受けて石油銘柄や金銘柄が下げを主導し、3日続落で取引を終えた。

 本日の香港市場はインフレ観測が依然としてくすぶっていることから、引き続き上値の重い展開が予想される。前週末のNY株式市場が、やはり金利の先行き不透明感から下落した流れを引き継ぐ見通しであるほか、本日の東京市場で日経平均が安く始まっていることを受けて、香港市場も軟調なスタートとなる可能性がある。また、今週は米国の小売売上高や消費者物価指数といった、今後のインフレ動向を占う上での重要な経済指標の発表が控えていることからも、投資家の間では警戒感が高まりそうだ。

 また、米シティグループが7日付けのレポートで、最近の香港株式相場の下落が、同地域のリセッション(景気後退)入りを示唆している可能性があり、香港株を購入する際には注意が必要と指摘したことが、警戒感をさらに高めることも考えられる。9日付の『ブルームバーグ』が伝えたこところによると、ハンセン指数の月間下落率が5%を付けて以降に景気鈍化やリセッションに陥った割合は、1980年以降で44%に上ると、レポートは指摘したという。なお、ハンセン指数は今年5月に4.8%安と、過去7カ月間で最大の下落率となっている。

インターネットでスピードキャッシング!【三和ファイナンス】

■2006/06/09 【香港】香港市場続調整・・
9日の香港株式市場は4日ぶりに反発。主要指標のハンセン指数は
前日比1.16%高の15628.69ポイントで取引を終了した。H株指数は
1.34%安の6255.81ポイント。売買代金は333億8400万HKドル。

 香港市場は、外部環境の悪化を受けて昨日まで3日続落していた
こともあり、自律反発狙いの買いが入った。東京市場で日経平均が
急反発したことを受け、後場に入ると主力株を中心に
買い戻す動きが見られた。ハンセン指数は
15600ポイント台を回復している。

 一方のH株指数は、マイナス圏での軟調な展開。
前日のNY原油や金相場の下落を受けて
石油銘柄や金銘柄が下げを主導し、3日続落で取引を終えた。

 個別では、キャセイ・パシフィック(0293)が6.95%高と急伸。
ドラゴン航空を完全子会社するとの発表が材料視された。
また、富士康国際(2038)が6.27%高い。需要増に対応するため、
年内に4億米ドル(約31億2000万HKドル)を投じて、
携帯電話機の生産能力を最低75%増強するという
報道が好感されたもよう。

 金利敏感株の不動産銘柄はまちまち。
ハンルン・プロパティーズ(0101)が3.25%安で
ハンセン指数銘柄の値下がり率1位。
ヘンダーソンランド・デベロプメント(0012)が0.39%安となった半面、
ニューワールド・デベロプメント(0017)が2.28%値を上げた。
銀行銘柄は、HSBC(0005)、ハンセン銀行(0011)、
東亜銀行(0023)が値上がり。中銀香港(2388)が変わらずで引けた。

 H株では、金銘柄が大幅安。霊宝黄金(3330)が7.30%安と
急落したほか、紫金鉱業集団(2899)が4.14%安となった。
その他素材銘柄も、エン州煤業(1171)が3.40%安、
中国の石炭大手、中国神華能源(1088)が1.58%安。
石油銘柄は、シノペック(0386)、ペトロチャイナ(0857)が1.85%、
1.94%安で引けた。

©TRANSLINK

関連リンク

【株式・投資・資産運用リンク集】
中国株式にご興味のある方は是非とも参考にしてくださいませ。
株式運用は言い換えれば情報戦ですので、より多くの正しい知識、
新鮮な知識を吸収されるお役立ちになる事を願っております。

中国株式市場センター
中国株情報の定番サイトです。
http://www.risingbull.co.jp/
グローバルリンクアドバイザーズ
中国株関連の書籍やセミナーを紹介してます。
http://www.gladv.co.jp/
中国情報局
ポータルサイト。
http://stock.searchina.ne.jp/
中国情報局ファイナンス
中国ファイナンスニュース。
http://stock.searchina.ne.jp/
TRANSLINK
中国株総合情報サイト。
http://www.translink.co.jp/
初めての中国株式
簡潔で豊富な情報まとめサイト。
http://gen.hacil.net/005/index.html

【以下個人サイトリンク集】
当サイトは個人投資家の地位向上・躍進を目的としております。
中国株式、国内株式に関わらず投資のウェブサイトをお持ちの方は
ご一報くだされば幸いです。

株ときどきFX
FX(外貨為替)の情報サイト。
http://ichi.voxx.jp/
ひろ☆ネコの株初心者お役立ち情報宝箱♪
株式投資初心者お役立ち情報ツール紹介。
http://kaboohironeko.sonnabakana.com/
株のエルサレム
短期売買がテーマの基礎情報サイト。
http://kabooholdings.web.fc2.com/index.html
成功物語
バリュー投資で賢明なる投資家へ
http://stgre.com/

↑このページの一番上へ

中国・香港指数










160x600のアドセンス領域。